先日、メンテナンスで2年ぶりに当店第一号設置の薪ストーブと再会した。

工事を行ったのは24年前。機種はデファイアントアンコール。

使用者の代は変わったが、相変わらず元気で冬を温めている様子だ。

イメージ 1


イメージ 2


「そういえば、24年継続して使用している物は、家にはないな。」と、現オーナーである

倅さんが言う。

テレビ、冷蔵庫といった家電製品を含め、車などの生活必需品等々と比べると24年という

年月はとても長く思われる。

同時に薪ストーブというモノの価値が偉大なる物に見えてくる。

現在のバーモントキャスティング・アンコールと比べるとそのデザインと外観は、

ほぼ変わらない。

一般的には分からない。

しかし、専門家や長く業界に居られる方には、ドアハンドルベースの位置や

ウォーミングシェルフの大きさデザインで新旧の機種を見分ける。

ダンパーハンドルの位置もよく知られている。

もっとも燃焼室内を覗くと、すべてが分かるが、あくまでも正面からの外観だけ。





ここでは少しマニアの眼力と行きます。

よーく見ると若干の変化が解ります。



デファイアントアンコール

イメージ 3








現行のアンコール(旧エヴェーバーンも同じ)


イメージ 4



分かりますか?



暑い日は、冷やし中華が一番です。

イメージ 5