11月中旬、ランドルフ工場へ行ってきました。
 
ここはいわゆる鋳物工場です。
 
幾度と通っていますが、今回訪問した日は
 
デファイアントのラインが終わり、イントレピッドⅡのラインに切り替わった日でした。
 
イメージ 1
 
 
工場内へ入ると、沢山の鋳物型があります。
 
廃盤機種になったストーブの鋳物型もあります。
 
パーツ供給を持続可能にする為ですね。
 
イメージ 2
 
 
その型の多さとストック場所の広さには驚きます。
 
工場内にこんなペイントがあります。
 
イメージ 3
 
 
MADE IN THE USA いい響きです。
 
 
大きな炉で高温になった原料を砂型へ入れます。
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
何を造っているのでしょうか?
 
ラインの最終場所へ行くと、
 
イメージ 6
 
 
まだ少し熱いパーツが出てきます。
 
イントレピッドⅡのアッパーファイヤーバックとスロートフードが出てきます。
 
グライディングマンがパーツのバリ取りをします。
 
イメージ 7
 
 
デファイアントのフロントパネルですね。
 
各パーツの穴あけネジきり作業です。
 
イメージ 8
 
 
ダンパーハウジングの穴あけネジきりです。
 
作業の早さに驚きます。
 
奥にいる赤いヘルメットの人が、こっちにも来いよ。 って言っていましたが、
 
行きませんでした。(笑)
 
流れ作業の邪魔はしたくありませんからね。
 
 
出来たパーツはベゼルへと運ばれ組立られます。
 
イメージ 9
 
サーモスタットカバー
 
 
イメージ 10
 
スロートフード
 
 
 
 
さて、昔々 工場では鋳物と組立は1つの場所で造られていました。
 
ランドルフトリベットの絵柄のところです。
 
現工場から車で10分ほどの川沿いにその建物はあります。
 
 
イメージ 11
 
 
当時のまま、煙突があります。
 
とても雰囲気の良い建物です。
 
なので、一画はレストランにもなっています。
 
 
イメージ 12
 
 
あっ、 この写真はお店の裏口でした・・。
 
 
一昨年、昼飯を食べました。
 
とても美味しかったですが、とても高価なのです。
 
今回は財布と協議の結果、入店しませんでした。
 
 
敷地と建物は広いです。
 
イメージ 13
 
上の写真は鋳物製造場所。
 
下のそれは組立と事務所の場所。
 
イメージ 14
 
 
トリベットは川側(写真奥)から見た工場を絵柄にしたとこが分かりますね。
 
 
 
 
 
11月のランドルフでした。