イメージ 1
 
 
別に強制はしないけど
 
私は木をいただくとき
 
枝葉も出来る限りいただく
 
だってさ、それも資源になるから
 
 
木をもらう時、大抵は扱いやすく割りやすい部分だけ
 
もらい
 
その他の部位(枝葉)については
 
いらないよ
 
って事になる
 
原木を購入する場合は当然ながら枝葉は付いてこない
 
ましてや、薪を購入する場合は絶対に枝葉は付いてこない
 
自分で切り倒したり、もらいモノの木には枝葉は付きモノ
 
 
 
それをコツコツと
 
イメージ 2
 
ハンドアックスで30CM程度に切り揃える
 
そして、アンコールのトップから入る大きさに結ぶ
 
そうすると
 
焚き付け材の出来上がりだ
 
イメージ 3
 
 
しっかりと乾燥をさせて使用する
 
価格の安い紐で結び
 
ストーブの燃焼室へ入れたならば
 
紐をほどき着火する
 
紐は次回にまた使用する (笑)
 
 
手間のかかる作業だけど
 
早朝や夕刻時にコツコツ作ればそれでよい
 
気がつけばに20~30束はできているよ
 
 
 
 
面倒で嫌がる枝葉も資源だよ
 
トン、トン、トン って、やってみませんか?
 
 
そんな暇ないよってやっぱり言いますか?
 
 
薪に対しての考え方やストーブに対する愛情も変わると思うけどな、、