アンティーク・ストーブになりつつある機種
 
ヨツール・ファイヤーライト
 
イメージ 1
 
 
だいぶ前に廃盤機種となった
 
後継機種としてF-600に生まれ変わり
 
クリーンバーン方式となっている
 
オラが薪ストーブ屋を始めたばかりからの付き合いのお客様
 
かれこれ17~8年だ
 
 
 
今回のメンテではアッパーファイヤーバックのガスケット交換をした
 
イメージ 2
 
 
そうなんです
 
ヨツールにはめずらしくダンパーがついているんです
 
 
 
このストーブにはおもしろい特徴があります
 
フットペダルがついているのよ
 
イメージ 3
 
 
こいつを踏み込むと・・・
 
 
イメージ 4
 
トップローディングとなる
 
それも
 
ギィィーギィイィ と音を立てながらね
 
 
 
ここから薪を投入する場合には
 
まずはダンパーを脱着式ハンドルで開き
 
フットペダルを踏んで天板を開き
 
薪を投入したら
 
天板を閉め
 
脱着式ハンドルでダンパーを閉じる
 
 
まさに機械式ストーブだぁー!!