イメージ 1

大切な所です・・

どこ?

ここっ!

イメージ 2


二次空気サーモスタット・プローブは、写真のように二次燃焼室内に正常であれば
25mm程度出ています。(3年使用時)

異常の場合は

イメージ 3


となっています・・・・  迷わず取り替えましょう。

このサーモスタットは触媒式のデファイアント・アンコール・イントレピッドⅡに装着されていますが、
重要な箇所ですのでメンテナンスをキチンと行いましょう。

探知棒が5mm程度の場合、実験を行ってみましたが、二次燃焼フラップは殆ど動きませんでした
これは、それと連動するサーモスタットのバイメタルが殆ど動かずいつも空気が全開に入りっぱなし
状態がつづく事を意味しています。

二次燃焼ボックスの交換時にはセットで必ず交換するものですが、触媒の破損と同時に意外と
ヤラレテイル場合があります。

触媒のチェックだけに気をとられていませんか?