2011年07月

 
暑い暑い、と言っても涼しくなる訳ではない!
 
この夏の暑さよりも自分が熱くなればいい!
 
暑い盛りにメンテナンスをガンガンやってるぜ
 
で、今日はエヴァーバーンについて
 
取説にはフルカラーをはずしてクリーナーホースをインナーバックの両サイドに沿って
入れて溜まった灰を吸い取る と、記されているが
そんな掃除方法ではファウンテンアッセンブリー(二次燃焼室)は決してきれいにクリーニングは出来ない!
もう輸入開始販売から何年も経っているから皆さんも経験している事でしょう
 
エヴァーバーンのメンテは必ずファウンテンアッセンブリーを本体から抜き取る事が重要だ
NCはまずトップを外し、両サイドのエンドリフラクトリーとインシュレーションを外し、
それからダンパーハウジングを外す
この手順を間違うとダンパーハウジングは外せない
そして、リフラクトリーロアを外す
 
そうすると・・
 
イメージ 1
 
ファウンテンアッセンブリーが顔を出す
触媒式と違いまだボックス自体の灰等の詰まりを確認できない
 
グレートを持ち上げる様に外してリフラクトリーシューを手前にゆっくりと引き出すように取り出す
 
そうすると漸くリフラクトリーシューが本体ボディーから取出される
*ここで注意だがコイツはかなりヤワなモノだから取り扱いはご丁寧に
 
二次燃焼後の煙が出てくる左右の四角窓を覗くと
 
イメージ 2
 
ほぉーら~、、、詰っている、詰っているぜ、、
この穴の詰まりは前段で述べた取説方式では絶対にクリーニングできない!
 
それと、ここも肝心だ
 
イメージ 3
 
ボトム後方の空気取り入れ口から直接入ってくる二次燃焼用の空気の通り道
ここが非常に狭い
よってホコリ等のゴミで詰っている場合が多い
しっかりと除去しなければファウンテンアッセンブリー内の異常高温にも繋がる
 
そして極めつけはインサルガスケットシュー下にある穴
ファウンテンアッセンブリーを引き抜く時とガスケットを外す時に
知らず知らずのうちにこの穴から多量の灰が落ちてしまう
 
クリーナー先端に柔らかい細めのホースを取り付け
必ず掃除を行う
 
イメージ 4
 
ここは手を抜くと大変だぜ
一次空気の通り道だからね
流れは両サイドのエアーマニホールドからエアーウォッシュマニホールドへ
そして手動式のエアーフラップから流れ込む
エアーカーテンの役目も補っているのだ
 
イメージ 5
 
明後日からアメリカへ行ってきます
 
続きはまたね
 
 

 
梅雨明けから連続の猛暑
 
日中はなるべく屋根に上がらないように心がけます(笑)
 
煙突掃除はなるべく午前中の早い時間に行います
 
 
今日は公私共に普段よりお世話になっているお客様の家でメンテナンス
イントⅡREDを上手にお使いです
お邪魔するたびにストーブのチェックをしていました
 
 
2年使用の触媒です
 
イメージ 1
 
灰がまったく積っていません
 
シーズン中2~3回は触媒の掃除をされている様です
(弊社マニュアル通りにね)
 
7~8ヶ月間ストーブを使用していますが
本体も内部もとてもきれいでした
 
12000時間を超えてもまだまだ行けますね
 
 
楽しくおしゃべりしながら本体メンテナンス
お昼ごはんまでご馳走になり
 
仕事が終わるとお決まりの
 
イメージ 2
 
これが最高だぁー!!
 
もちろんノンアルコールです・・
 
 
 
 
 

 
いやぁー、、参ったぜっ
 
すっかり防水気取りでいた
 
バケツをひっくり返したような汗をかく日々
 
非防水型スマフォンはポケットに入れて置いてはダメですね
 
ウンともスンともポンとも動かない
 
まるで熱中症になったようだ
 
イメージ 1
 
 
触っていないのにたまにブルっブルルって動き出す
 
ますます、ヤラれた感じがする
 
 
 
 
仕方がねぇな・・・
 
お客様問い合わせセンターってところに事務所の電話で電話した
 
 
「ありがとうございます!○○○○○ですっ」
 
って、
 
元気印ハツラツのオペレーターねぇさんが出てくれた
 
 
オラ 「あ、、あのぉ~、、ブルブルってするんです!」
 
オペ 「はい?」
 
オラ 「熱中症のようです・・」
 
オペ 「大丈夫ですか?」
 
オラ 「・・ダメです すりすりさわるのですがうごきません・・」
 
オペ 「はぁ~あ?ケイタイですよ ねっ 」
 
 
 
 
こんなやり取りを10分ほどしていたかな・・・
 
 
電源を再度入れ直したら
 
イメージ 2
 
 
直ったぜっ!!
 
オラ 「イャッホー 直ったぁ 直ったぁ 動くぅ~ 動くぅ~ エヘヘヘ~ 大丈夫っす! 」
 
 
 
 
オペ 「・・・・お大事に」
 
 
 
 
オペのおねぇさま、ありがとうございました。。
 
あなたのことは忘れません・・・。
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
蒸しまくる日に、屋根裏で煙突工事!!
しかもホフクゼンシンで何往復も!
 
業界人であればこの辛さ、解るよね・・
 
 
 
外気温33~34℃位の時
5寸勾配程で金属屋根材を使用している場合
ほぼ密閉されている小屋裏(屋根裏)は
驚くほど外気温より上昇していて湿度もたっぷりとある
まさにサウナ状態となっている
 
 
まだ屋根上の方が涼しいぜ
 
 
こんな日はやめておけばいいのに・・・
 
 
携帯用の酸素ボンベをもって
 
仕事しました・・・
 
2~3秒 意識が・・
 
イメージ 2
 
煙突の下にある小屋裏内での夏期工事は
 
身体に応えますな・・・
 
 
 
お腹まわりが気になる貴方へ
 
Would you like to come to our office ?
 
According to the weather forecast,it will very hot tomorrow.
 
 
(笑)
 
 
 

海外研修の為、下記日程にて
お休みを頂きます。
 
平成23年7月14日(木)~7月24日(日)まで
 
ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い申し上げます。
 
 
今回は一匹での渡米となります。
 
予定期日には帰国したいと思います。
 
 
イメージ 1
 
何卒宜しくお願い致します。
 
 
薪ストーブ侍
 
中村工房 中村覚
 

↑このページのトップヘ