梅雨入り前の予定する屋外煙突工事が全て終わり、ほっと一息。
どの現場もすばらしい天候に恵まれすぎた工事でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


真夏のような屋根上ですが、雨に打たれるよりマシです。
黒く塗装されている煙突は素手で触ると火傷します。

煙突掃除本体メンテナンスのご予約が7月末までいっぱいになってきました。
これからご予約をいただく場合はお伺いする日程がお盆近くになると思われます。



2~3年ほど前から、炉台・炉壁工事(いわゆる左官工事)をデザインコンクリートで
行っているが、この現場もその手法で行う予定だ。
レンガやタイルを使わずに、名の通りコンクリートをデザインする。
全重量も大分軽くなる。
高床式住宅の既存物件に新規薪ストーブ工事の場合は殆どそれにする。

イメージ 1


こんな感じ。
どアップ!(少し恥ずかしい、、。)

イメージ 2

決して、レンガ積みではありません。
少しカービングもしています。

いわゆる fake または imitation ゆうならば faux fur
brick(レンガ)をデザインする。
フェイク・イミテーション・フェイクファー。
上記の英語は全て偽物を意味する言葉だが、完成後のデザインは本物。
いや本物以上と言っても過言ではない。
海外へ行くと良く見ます。デザインコンクリート。


イメージ 3


サンプル持ち運び出来ます。


ここ数日、晴天がつづき、まさに五月晴れ。
一年中で外仕事が一番捗る時期だ。
昨日は午後には雨となったが、雨にあたらずに完了。
早朝から現場へ入り正解。

イメージ 1

で、今日から五月晴れがまた始まってくれる。
ありがたい。

イメージ 2

4mの煙道囲いの屋外煙突工事を行う。m物を5本つなぎ込み、気合で行った。

風が気持ちいい。
足場階段の脇にとてもきれいな紅葉があった。
チシオモミジだ。
春モミジとも言うが、新芽は花が咲いたように鮮やかな赤色をする。
芽は夏へ向かって徐々に緑色に変化して秋には黄色になる。
庭木として有名だ。
そのモミジの新芽がそよそよと風が吹くと、さらさらと揺れ動く。
その様はとても気持ちよさそうだ。
見惚れてしまう。

うん、やっぱり5月はいいね。
当分の間つづいておくれよ五月晴れ。


↑このページのトップヘ